Call us on 2514578498

Home » カーコーティングが持つ幾つものメリットとは

カーコーティングが持つ幾つものメリットとは

一般に行われる洗車であれば、車の塗装を光沢豊かで綺麗な状態にしてくれるアイテムの定番としてカーシャンプーやカーワックスが挙げられるもの。確かにこれらは瞬間的に愛車を大変綺麗な状態に仕上げてくれるものですが、想像以上にその効果の持続期間は短く、前述の様に面倒臭い洗車の必要性が早くも出てきてしまうものなのです。
その理由の一つとして、カーワックスに配合されている油脂成分の特性が挙げられます。これらの成分は空気に接触していたり強い太陽光に晒され続けたりする事によりいとも簡単に酸化してしまい、その長所を失い、返って外からの汚れや埃を付着させ易くなってしまうのです。
また安価で質の悪いカーワックスを利用していると、時間の経過に伴う酸化がワックス成分に留まらず、その下の塗装面にまで及んでしまい、塗料と共に酸化、劣化が進んでしまう恐れも出てきます。これを共酸化というのですが、洗車の際に好んでカーワックスを用いている人は、特に警戒しなければならない現象でもあります。
いずれにせよ、これらの施工は手間暇が掛かる割にはその効果の持続期間が短く、無駄に施工頻度を増やしてしまうというデメリットがあるのです。もちろんカーワックス買い替えに伴うコストも馬鹿にはならず、これらのデメリットを理解すれば、より良い愛車の塗装保護、そしてより長く綺麗に保つ施工法を求めたくなってくるものです。
ただ現在は、カーワックスよりもはるかに優れた性能を持つカーコーティングと呼ばれる施工法が確立されており、人気を集めています。カーワックスと比較して施工に多少コストは掛かるものの、その効果の持続時間は少なくとも数倍に及び、中には年単位でその効果を持続させてくれる製品もある程です。
カーコーティングの主成分は油脂では無く、フッ素やケイ素を中心とした高機能のポリマー分子。これらが緻密で強固な分子構造を塗装表面に形成する事により、汚れや埃が塗装表面に付着する事を一切許さず、愛車の塗装を長期間新鮮な状態に保ってくれるのです。
塗装表面に付着しようとする汚れや埃は高確率でこれらの面に弾かれるか、固着せず軽く乗っかる形で残る程度となり、残った汚れや埃も軽く流水を当てただけで簡単に除去出来る様になります。
当然定期的な洗車も簡単に終わらせられるばかりか、洗車そのものの頻度も少なくて済む様になり、それだけでカーライフに余裕が出てきます。またカーコーティングは太陽光や外気からの刺激に対する耐久性も高く、そのものの劣化で愛車の外観を損ねてしまう事が無い、というのもメリットでしょう。
まだ先の話かも知れませんが、これらの施工を定期的に施しつつ、長く乗っていれば外観の劣化も最小限のレベルで抑えられる事により、仮に中古車販売業者に買取査定に出した際にも思わぬ高額査定を出してもらえる可能性が高まる、といったメリットも出てきます。
駆動系こそ最終的には経年劣化の波には抗えないものの、せめて外観だけでも最後まで綺麗な状態で乗り切りたいというオーナーにとっても、カーコーティングはベストな選択肢と言えるでしょう。

コーティング以外にも暑さ対策にはカーフィルムですがおすすめ
頻繁にロングドライブを行い、日照差や気温差が大きいフィールドとを行き来するアウトドア好きの人にとっても、それら過酷な外気や強烈な紫外線から愛車をガードしてくれるカーコーティングは大きな武器となってくれるに違い無いのです。

PR|レクサスのコーティングはコーティング専門店

Comments are closed.