Call us on 2514578498

Home » カーコーティングの種類と性能

カーコーティングの種類と性能

日車に関連する施工には、様々な種類はあります。ガラスコーティングなどもその1つです。
ガラスコーティングといえば、やはり車に対する保護効果です。雨水や傷など様々な外的脅威はあるでしょう。車をそれらから守ってくれる効果は、かなりメリットは大きいです。
しかしガラスコーティングと言っても、大きく分ければ2つ種類はあるのです。シラザン系と呼ばれるタイプと、シラン系という2種類になります。それぞれ特徴は異なる訳ですが、どちらを選ぶべきかは車ドライバーのニーズ次第と言えるでしょう。結局は何を重視するかにより、最適なガラスコーティングも変わってくるからです。
まずガラスコーティングに対しては、強さが求められる事もあります。そもそもガラスコーティングというのは、車を保護してくれるメリットがある訳です。
ただ保護をするにしても、果たしてその力が大きいか否かという問題はあるでしょう。一応は施工を行ってもらったものの、効果が今ひとつなのは困ります。逆に防御力がそれなりに大きければ、車に対する損傷も小さくなるでしょう。ですから多くの車ドライバーは、ガラスコーティングに対して防御力を求めている傾向はあります。
その場合は、シラザン系というタイプがおすすめです。そもそもガラスコーティングと言っても、それぞれ硬さに関する違いはあるのです。上記2つのタイプを比較した限り、シラザン系の方が硬いことは明らかです。
肝心の保護剤の硬さが優れていれば、車の塗装に対して傷が付く度合いなども、それなりに小さくなると見込まれるでしょう。ですからガラスコーティングに頑丈さを求めるなら、シラザン系が推奨されます。
またシラザン系は、雪国にお住まいの方々にもおすすめなのです。そういう地域ですと、ガラスコーティングがちょっと取りやすくなってしまう事もあります。車体に対する降雪が、徐々に滑り落ちるでしょう。それがガラスコーティングを取ってしまう事も、しばしばある訳です。シラザン系はかなり固めですから、そういった要素にも強いのです。
したがってガラスコーティングに強さを求めているなら、シラザン系というタイプがおすすめではあります。車を使う環境が過酷になり得るなら、検討してみると良いでしょう。しかしコーティングというのは、強さだけがすべてではありません。見た目なども、大いに重要なポイントにはなるでしょう。
そもそもガラスコーティングを行っている方々の多くは、車の光沢感を気にしている傾向があります。ワックスと比べても光沢感が高まる事も多いです。
しかしガラスコーティングによって、その度合いも異なる訳です。上記のシラン系と呼ばれるタイプは、ツヤに関するメリットがあります。上記でも触れたシラザン系と比べると、ツヤが比較的強い傾向があるからです。
それとシラン系には、色合いに関するメリットもあります。そもそもガラスコーティングを行えば、車の発色などもだいぶ変わってくる傾向はあるのです。やはり、それもガラスコーティングのタイプによって異なる訳ですが、シラン系はかなり色合いをよくしてくれる傾向があります。
ですから車の見た目を重視するなら、シラン系を選ぶのが良いでしょう。ちなみにシラン系のガラスコーティングは、ワックスよりもおすすめです。ワックスも車に対して光沢感を生み出してくれる力はありませんが、やはり長持ちしません。1週間も経過すれば、ワックスは取り除かれてしまうからです。
それと比べると、シラン系のガラスコーティングはかなり寿命も長めな傾向があります。したがって美しさをできる限り長持ちさせたいと思うなら、やはりワックスを使うというよりも、シラン系のガラスコーティングを使ってあげる方が良いでしょう。カーコーティングを施工するならシラン系がおすすめです。

PR|レクサスのガラスコーティングなら

Comments are closed.